【2020年2月8日(土)】第18回定例セミナーを開催します。

                             公立大学法人 北九州市立大学

   中華ビジネス研究センター

アジア文化社会研究センター

第18回定例セミナーのご案内

 

 平素は、大変お世話になっております。

 改正出入国管理法が2019年4月に施行となり、高度の技能を有する外国人材の取り込みとともに人手が不足している複数業種における外国人労働力の受入れにも門戸を広げる形になりました。これに関わりASEAN地域との経済交流拡大に伴う国際人材育成を視野に入れた各種取り組みが進められています。

 今回、第18回定例セミナーは本学アジア文化社会研究センターと主催し、ミャンマー向けに初等教育施設(小学校17学校)の建設資金を寄付し、現地の人材育成に奔走してこられた大分県のミャンマー支援団体「パゴダの会」代表 古庄 重生 様(元株式会社祭原北九州支店長)を講師に迎え入れ、日本とミャンマーとの経済交流を担う人材育成の現状と課題を語っていただきます。

 コメンテーターは北九州市立大学基盤教育センター 伊野 憲治 教授が務めます。

 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

 

 日 時  :2020年2月8 日(土) 15:30~17 : 30 (受付15 : 00~)

 会 場  :北九州市立大学小倉サテライトキャンパス

      (北九州市小倉北区浅野1-1-1 アミュプラザ小倉7F)

 定 員  :40名

 テーマ    :日本とミャンマーとの経済交流を担う人材育成の現状と課題

 講 師  :古庄 重生(ふるしょう・しげお)氏

       大分県ミャンマー支援団体「パゴダの会」代表、元株式会社祭原 北九州支店長

 コメンテーター  :伊野 憲治(いの・けんじ) 氏

                北九州市立大学基盤教育センター 教授

 受講料 :無料(申込先着順)

 

◆セミナーの流れ

 15:30  代表挨拶 + 講師ご紹介

 15:40  講師による講演形式のセミナー

 17:30  コメントと質疑応答(約30分)

◆交通案内

 当日はなるべく公共交通機関をご利用ください。

 JR小倉駅ビル駐車場のご案内はこちら → http://www.amuplaza.jp/access/  

 (駐車場は有料)                                 

◆懇親会の案内

 セミナーの後には近隣の会場で懇親会の場を設定しております。講師の方や他の聴講者の方々と親睦を深めるためにも、ご多忙のことと存じますが、ぜひ奮ってご参加下さいますようお願い申し上げます。

 日時 :2020年2月8日(土) 18 : 00~

 場所 :小倉駅周辺

 会費 :約4,500円/人 (参加自由)

 

申込方法

 セミナー参加希望の方はお手数ながら2月5日(水)までにFAXもしくはメールにてお知らせください。なお、恐れ入りますが懇親会への参加・不参加につきましても併せてお知らせくださいますようお願い申し上げます。

 お申込先FAX : 093-964-4015  

 E-mail の場合: 件名に「定例セミナー参加」と記入し、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、

         勤務先をご記入の上、ccbs@kitakyu-u.ac.jp        或る

                        asisen@kitakyu-u.ac.jp       へお申し込みください

 参加申込書:参加申込書PDFはここからダウンロード(もしくはQRコードを読み取る)

~注意事項~

◇個人情報は当センターのイベント通知用以外には一切使用いたしません。

◇ご来場の皆さまを含む会場内の写真が本センターのホームページ等に公開されることがありますので、予めご了承ください。もし、写真に写りたくない方は事前にお問い合わせ先までお申し付けください。

◇当日はなるべく公共交通機関をご利用ください。 

 

==========================================================

◆お問い合わせ先

 公立大学法人北九州市立大学 

 中華ビジネス研究センター(大学院マネジメント研究科)

 TEL: 093-964-4013  FAX: 093-964-4015

 E -mail:ccbs@kitakyu.u.ac.jp    担当:覃・川口

 アジア文化社会研究センター

 TEL:093-964-4080

 E -mail:asisen@kitakyu-u.ac.jp   担当:平野・都甲

==========================================================